脱毛エステでのトラブル(アクセ無)

脱毛エステでは金銭的なトラブルやお肌に対してのトラブルもいくつかあるようですが、このようなトラブルだけではなく、他にもトラブルがあります。ここではお金や肌のトラブル以外のトラブルについてをご紹介したいと思います。まず一つ目は自己管理の問題になりますが、脱毛をする際にアクセサリーをはずしてくださいと言われ、アクセサリーを外したハズが、施術が終わった後に探しても見つからず、一生懸命にスタッフさんも探してくれた結果、とてもシンプルなデザインの指輪が髪の毛の中に埋もれていたというエピソードがあります。ガウンに着替える際にしっかりとお洋服のポケットなどに入れておくことを確認せず、急いでしまったようですが、このようにアクセサリーがなくなったりすると非常に困るので、脱毛エステにはアクセサリーをつけていかないほうが良いと思います。

それからもう一つ脱毛エステでのトラブルとして日頃シルバーの指輪をつけていた人が指のムダ毛の脱毛を受けた際に、シルバーの成分がお肌に残っていたため、光を照射した時にシルバーの成分が光に反応して指輪をしていないにもかかわらず、まるで指輪をしているかのように黒いリングが浮き上がってしまったなどというものがあります。もちろんこのトラブルに関しては、すぐに洗い流す事でシルバーの成分は綺麗に落ちたのですが、どうしてもシルバーは黒くなってしまう事も多いし、脱毛前には外してしっかりと手を洗っておくと良いでしょう。

脱毛エステで盗難?

雨の日に脱毛エステに予約を入れていて、傘をさして予約の日時に行きました。そして入口の傘立ての部分に傘をしっかりと挿しておいたのですが、脱毛が終わって帰ろうと思ったら自分の傘が見当たらずとても困りました。どんなに探しても見つからなかったのですが、おそらく他で施術を受けていた人が持って帰ってしまったようで、スタッフさんは何度も謝ってくれたし、スタッフさんが持っている傘を貸してくださったのですが、美しくなりたいと思う気持ちで脱毛エステに通っているにもかかわらず、他人の物を持っていてしまうなんて言う心の持ち主がいるのはとても残念に感じました。というエピソードがあります。傘などに関してはスタッフさんもまさか盗難が起きると思っていないので、こうしたトラブルが起きてしまうこともあるようです。

もちろん注意深く管理するのは大切なことですが、こうしたトラブルを避けるため、傘を使わなくても通っていける駅構内の脱毛エステを選んだり、最悪は脱毛に行く際だけは傘に大きな名前を書いたシールを貼ってしまうなんていうのも回避する手段になりますね。