脱毛前の心得(箇条書き)

脱毛をするにはいくつか心得ていなければいけないことがあります。分かりやすく箇条書きにしていきますので、しっかりとチェックして覚えておきましょう。

心得1 熱い温度での入浴は避けて血行が促進されないように注意する

心得2 ムダ毛の処理は直前ではなく、数日前に行い、お肌の状態を落ち着かせておく。

心得3

施術前にはオイルの成分が含有されているケア商品を使わず無添加のケア商品などにとどめておく。

心得4 うなじ脱毛などを行う際には髪の毛が邪魔にならないように束ねておく。

心得 5お試しだけを受けて契約をするつもりがない場合には勧誘の際にしっかりと断れるようにイメージトレーニングをしておく。

このようなことを心得ておけば、脱毛に通っていく上で困ることは無いと思います。特に最後の勧誘に関しては、お試しの際に重要な部分になるので、しっかりとイメージトレーニングをしておきましょう。やはり脱毛エステのスタッフはトークも上手なので、ついトークに乗せられて契約してしまうなんていうことがあると体験だけでは終わらなくなってしまいます。

できれば脱毛前には気をつけておきたいこと

必ずしも行わなくてはならないような、上に書いた心得では無くて、できれば脱毛前に気をつけておきたいことがいくつかあります。まず一つ目は、体を締め付けてしまうような服装は避けることが大切になります。これはどうしてかというと、体を締め付けるような服装をしていても、脱毛を行う際には専用のガウンに着替えることが多く、ここで突然血行が促進されてしまい、お肌の状態が大きく変わってしまうこともあるので、出来れば避けた方が良いです。また服装だけではなく、ソックスなどに関しても締め付けの強いものは避けるようにしましょう。

それから顔の脱毛を行うという場合には、できるだけメイクをせにすっぴんの状態でエステに行く方が良いと思います。どうしてもメイクをした状態でエステに行きたいのであれば、施術の前にパウダールームでメイクを落としておくようにしましょう。メイクに使用されている成分の中には、脱毛を行う際の光に反応するものもあり、お肌がトラブルを起こしてしまう危険があるので施術前には落としておきましょう。それからもう一つは日頃使っている香水でも、脱毛する前にはなるべく香水を使わないようにした方が良いです。これは脱毛を行ってくれるスタッフの配慮の部分はありますが、自分では良い匂いだと思っていてもスタッフにとっては苦手な匂いだったりすることがあるし、ほんの少しであれば良いですが、沢山香水をつけてしまうと脱毛エステの中に香水の匂いが充満してしまい、他のお客様の迷惑になることもあります。