エステでした嫌な体験

脱毛エステに通っている人は、それぞれに色々な体験をしているようですが、特に脱毛エステで嫌な体験をしたことのある人の体験談を読んでいると参考になります。一番脱毛エステで嫌な体験をしたという意見が多かったのは、ガウンに着替えてくださいと言われて着替えようとしたら、そのガウンが新しいものではなく前に施術をした人が脱いだままの状態で置いてあったことだと言います。

現在はこのような状態でガウンを用意している脱毛エステは少ないと思いますが、万が一自分が施術を受けるエステでこのような事があった場合は施術を受ける前にお試しなどを断った方が良いでしょう。衛生管理がしっかりと出来ていないのはもちろんですが、お客様が嫌な気分になることを考えていない脱毛エステということになるので、今後施術を行っていく上で様々な嫌な事が起きてしまう可能性があります。たまたま忘れてしまった場合などであれば新しいガウンをすぐに持って来てくれると思いますが、それにしても前に施術をした人が着たものをそのまま置いてしまうというのは、やっぱり管理が良くないので、施術を受ける事は避けましょう。

ひざ脱毛

脱毛エステによっては個室で施術を受けないこともあります。

現在ほとんどの脱毛エステでは施術をする際に、個室で施術を行うようになっていますが、中には未だに個室になっていないような脱毛エステもあるようで、この場合には自分が施術を受けているすぐ横で他の人も施術を受けているので、いくらカーテンで目隠しされていると言えども、気になってしまうと思います。特にエステでした嫌な体験としては、カーテンの向こうで施術を受けている人がとても痛みに弱かったのか、施術の最中ずっと「痛い痛い」と言っていて、こちらまで何だか痛みに対して敏感になってしまったというものがありました。自分自身は痛みに対して、多少免疫などがあり痛みには強いと思っていても、やはりすぐ隣で痛い痛いと言われてしまうと、何となく自分まで痛いような気持ちになってしまうのも理解できますよね。

姿が見えなければ良いというものではなく、こうした部分までしっかりと気を遣ってくれている脱毛エステを選んだ方が良いと思います。更にすぐ隣で同じ時間帯に施術を受けている人がいるということは、もしかするとその人とお互いに顔を合わせてしまうかも知れないし、プライバシーはしっかりと守られていないので不安になる部分が沢山あります。もちろんプライバシーに関しての管理をしっかりと行っていても、やはりこう言う事でお客様を不安にさせるような脱毛エステは選ばない方が賢い選択だと思います。